スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜んでいる人は誰でしょう?

まあ、なんですか、普段からこんな愚にもつかないような理屈をこねくり回しても
大した意味もないし、大抵は多くの方に嫌われるだけだと思いますが…

ファストフード、ファミレスと並んで、日本の社会を蝕んでいる
極悪ビジネスがコンビニエンス・ストアなわけです

コンビニエンス・ストア、つまり“便利なお店”というわけで
(本当は直訳したら“便利店”なんですど、造語かなんだかはどうでもいいです)
日本に登場し始めたのが30年くらい前で、いかにも身近で便利、日常生活に
密着している事を訴求するソフトなキャッチフレーズですり寄ってきたわけです

「セブンイレブン、いい気分」
「すぐ、そこ、サンクス」
「開いてます、あなたのローソン」

だいたい、初対面から良い顔してすり寄ってくるのは、
悪徳商法のセールスか飲み屋のおねーちゃんと相場が決まっているわけで
要するに悪人とか詐欺師です。そうでなければ、よほどのお人好ししかいませんwww

私はコンビニが嫌いなので、なるべく利用しないようにしております
全国統一規格品と言える飲み物、お菓子、たばこ、ちょっとした文房具や日用品、雑誌の購入などは
まあ仕方がないから利用しますけど、近くに普通の小売店があればそっちを利用します

さて、昼時になるとコンビニでパンやお弁当などの食べものを買う方は多いわけです
このところ販売戦略上、いろいろとパンやお弁当を展開していますが、しょせんまがい物のジャンクですね
例えば有名料理人プロデュースだろうが、なんだろうが、あの単価でまともな物を売っていたら商売にならない
その材料の出所や製造プロセスを知ったら、とてもじゃないが食べられないような物もあるはずでしょう
これが、コンビニ嫌い第一の理由

ご存知のようにコンビニの商品管理はPOSシステムで、本部とオンラインで繋がっており
売上や人気商品がリアルタイムで分かる。で、売れる商品とそうでない商品を簡単に選別し
効率的に品揃えを変えていく。したがって、売上げ上位にこない商品はアッという間に消えていくわけです
自分の欲しいものがなくなった代わりに「これを買いなさい。イヤなら買わなくていい。世の中的には
これが人気なんだから、あんたの好みなんか知ったこっちゃない。こちとら商売なんだから」──要するに
個人の意向をまったく無視した殿様商売。品数が豊富だから錯覚するが、実は客の選択幅は極めて少ない
これが、コンビニ嫌い第二の理由

コンビニはさまざまな方向性の商品を扱っていていますが、昔はそれぞれ飲み物やお菓子はお菓子屋、
お酒は酒屋、たばこはたばこ屋、雑貨は雑貨屋、もちろん食料品はそれぞれ専門の領域があったわけです
まあ、いまでもパン屋やケーキ屋なんかはかろうじてあるものの、その他の小売店は極端に少なくなった
今では街場の文房具屋でさえ探すのに苦労するわけです

これはコンビニとスーパー(とくに郊外のショッピングセンター)に小売店が駆逐されたからですが
これもまあ知られている現象で、大店法を始めとする自由化、いやゆるアメリカの圧力による規制緩和が
その元凶といっても良いわけですが、要するにお得意の合理的システムに統合されつつある
おかげで、街場の小売店は消え、顧客の好みとその数量に応じた器用で知的な品揃えは不可能になった
地域に根ざしていた人間関係や良い意味での相互監視体制、そしてエリア・セキュリティも消滅しつつある
これは、究極的には日本の生活文化や伝統の破壊そのものだと思えるわけです
これが、コンビニ嫌い第三の理由。そして最もコンビニや量販店を忌み嫌う理由です


まとめてみましょう

自宅の近く。職場の近く。すぐそばにあって、どうでもいいような物はなんでも売っているから便利
昼の食べ物も簡単に手に入って、昼休みを有効に使えるから便利。24時間いつでも開いてるから便利
──そんなもん、勝手にそう思い込んでいるだけではないのでしょうか?

インチキな食べ物を代表とするロクでもない物を押し付け、おまけに地域の生活や日本の文化を
消滅させる消費システム。これがコンビニの正体だとしたら、いったいどこが便利なんでしょう?
おまけに店舗経営だって、機械的で過剰な本社の利益追求などで、地域によっては完全に過当競争に
陥っているのは有名な話で、店舗の経営者が苦労しまくったあげく自殺する場合も少なくない
これだって、商業上の淘汰というより、長い目で見れば社会的な殲滅に思えて仕方がないわけです

「コンビニ(や量販店)が便利だ」と喜んでいるのは、大元にいる資本家や支配者なわけですね
自分のところに全部お金が集まってくるわけですから。そして客といえば、そいつらが決めた枠の中で
与えられた物を消費するだけですね。便利どころか、本当のところは自由もないってことですね
狙いは生活統制であり、将来的な家畜化のためのプレパレーションじゃないでしょうか

古今東西、手口は同じわけです
こういう日常的な生活レベルからも、ジワジワと侵略と準備は着実に行われている

昼時のオフィス街などでの、コンビニの混みようを見ていると、あたしゃ暗澹たる気持ちになります
そこを利用されている方々の事情を考えると、こんな事を言ったら怒られちゃうと思いますが
私たちはブロイラーかモルモット程度の扱いしか受けてないって事ですね



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

花畑きゅうり

Author:花畑きゅうり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。