スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安物買いの銭失い

まあ、なんでも物には適正な価格があるわけです
理由も無く安いなんて事はないわけで、その理由はまあ言ってみれば
効率化という名の手抜きや反人道的な行為にもなりがちです

で、お肉。私は仕事上の経験や知識も多少あるので
つね日頃から気をつけておりますが、相当ヤバいですね
安ければ良いってもんじゃないのは、殺人ユッケ事件でも
お分かりの通りです。安物買いの銭失いどころか、命を失いかねません

以下、食肉業界関係者だった方のスレをコピペ・要約したものです

ヤバい肉ってどんなの?
法令ギリギリの畜産物が出回ってる。 安く。
抗生物質、薬剤の使用制限オーバー


たまに人肉まざったりする?
豚肉に注射針混入ってのはよくある

馬肉は引退したサラブレッドだって本当?
違う。 中国産がメイン

サプリメントでコラーゲン採っているんだが 何かマズイのか?
豚の死体溶かした奴なんだあれ。薬剤の残留規制がない

と思ったら、フィッシュコラーゲンって書いてあったわ…
スーパーで売っている味付きの肉ってやばいのか?
味付いてない肉より安いよな
フィッシュは魚油だな。イマイチわからん。
味付け肉は保存性が良い。在庫リスク少ない。よって安い

ゼリーの素っつーか、ゼライスとか粉末のゼリー作る奴もヤバいの!?
工業的に精製されてるから比較的安全だと思われる。

スーパーで普通のレバー買ってきてレバ刺しにして食べたらまずいかな?
生せんまいとかユッケも気になる
スーパーのレバーはやめとけ。 ユッケや生センマイは工場によるが、
飲食店での判別はできない。 俺は食わない。

某県産のも全国に回ってるの?
出回っている。某県生まれ、鹿児島育ちみたいな

賞味期限切れの変色した肉の色をもとに戻す魔法の粉って奴を
昔は使ってたそうだが、あれって会社側から規制かけたの?
そう
JAの詐欺は昔から。餌超高値。肉買い叩き。 技術指導と称した押し売り。
JAをお上と勘違いした情弱が引っかかる。

養鶏場の実態希望
採卵農場では雛の時点で雄皆殺し。肉用薬漬け

肉を薬に漬けて倍に増殖させるのか?
味付け油を注入

味付きか・・・・危険性があるのか?
無いと思うが作り方はグロい。太るw

コンビニに使う肉は液体注入して倍位に膨らませるんだよね?
ファミチキとかあの系はそう。油注射してる。
ケンタはしてないから油少ない。

マックのナゲットってヤバいらしいけどマジなん?
ヤバイってか残忍。卵産み終わった親鳥を丸ミンチ

作り方がグロいとか、太るとかは気にしないが
健康に悪いとか、注意しなければいけない話を聞きたいな
加工の餃子、ラーメン屋のラードはヤバイ

らーめん屋のラードがやばいって、どんなラードなの?
業務用のラードな。 あれは廃豚の油がメイン
廃豚ってのは子豚をさんざん産んで使えなくなった親豚。
薬物の残留が酷い。もちろん基準はあるが、基準のない薬品は…

餃子もやばいの?俺冷凍の結構食ってんだけど
餃子の肉も前述の廃豚肉

業務用?の鳥胸2kg800円とかで買うんだが
肉取り出した時保存液みたいなの付いてる。よく洗うべき?
それブラジル産とかじゃない? 成長ホルモンたっぷし!

じゃスーパーで肉買う際の簡単な選び方教えれよ
結局ブランド買いになってしまう。国産なら大丈夫って事は無い。
ただ、精肉は結構安全。問題は加工食品。

ちょっとスレ違いかもしれないが
乳牛に女性ホルモン射ちまくるってマジ?
日本ではあんまり無いよ。 牛乳は意外と安全かも。
輸入の乳製品は信用できん。

焼き鳥とか好きなんですけど、なんかエピソードありますか?
地鶏って大概フェイク

サイコロステーキなんてヤバイの?
YABEEEEEE! 良く火を通して食えば食中毒にはならん

サイコロステーキはなんでやべぇの?
余った肉を結合させてるから、病原菌汚染の可能性が高い。
あとどこの誰れが作った肉かわからん。

実際働いてて知った驚愕エピソードみたいのないの?
一番ビビったのが、家畜の農場、特に豚と鶏の農場間格差
儲かっているところは食品工場レベル、貧乏農場は豚小屋、クソ溜め


俺は包装資材とかの関係やってたんだが、
魚捌いてるとこもそんな感じだったよ
だよね。一次産業の格差は酷い

どこの肉が一番安全性が高いでしょうか
グリーンコープの肉は割と信用できる。
あと、去年口蹄疫出た地区の肉はクリーン


じゃあ、絶対に食べたくない食材って何?
○ハムの加工食品。直営農場が凄く管理悪いから。
どんどん豚が死ぬし、農場作業員も横柄。管理の仕方が窺い知れる。

牛、豚、鶏で、どれが安全とかはないのか?
似たり寄ったり。あえていえば鶏。
生育期間が短いから、薬物汚染のリスク少ないです。

精肉屋で働いてて絶対食べないと誓ったもの
・合い挽きミンチ/うんこみたいなゴミ肉混ぜてます(笑)
・国産鶏/ほぼ全部ブラジル産です(笑)
・牛カルビ/傷んだロースをカルビと偽ってます(笑)
・砂ズリ/業者が平気で傷んだ在庫持ってきます(笑)

レバーって抗生物質が溜まるって聞くけど、どうなんでしょう
溜まる。脂肪分に蓄積する。

使っていた抗生物質の種類とか名前とかってわかる?
ポジティブリストって国の決めた基準にあるものはわかる。
闇輸入とかの奴は不明。

スパムもやばいのかな?
体に悪いぞ。 肉の出どころもよくわからんし、輸入品…orz

黒豚(ブランド豚)のウソ
良く、この豚は国産の材料を使用した安全な餌で…とか
この鶏は○○を食べててとかよく言うじゃん?
あれって大概ぜーんぶ誇張。普通の配合飼料にちょこーっとだけ入れてる。
酷いと思ったよ。肉質なんて一切変わらないし、味も変らん。詐欺だ。


安全で安い肉を手に入れるのは無理なん?
無理!!!!
全世界、家畜には病気が蔓延してて無薬の家畜作ろうとすれば、
莫大な経費、もしくは日数がかかる。畜産物は正直言って工業品に近い。

麻婆豆腐のモトの、挽肉入り!! その肉もOUTですか、そうですか
OUTやねぇ。つか、ポークエキスの時点で怪しいぞ

薬物汚染の食肉を食べると人体にどういう影響が出るの?
多少の知識しか無いが、人体に直接影響があるのは一部。 肝臓系にトラブルきたすと思う。
もっと怖いのは、抗生物質の濫用で、耐性菌がウヨウヨ出てきてるって事かな。
薬の効かない、病原体って怖いよな

肝臓系を危険に晒すのか。じゃあやっぱあまり食わない方がいいんだね
安いから仕方ないとも言える。日本の肉はマシな方だよ。中国とかマジキチ

環境ホルモンの最たるもの+薬理被害
男の女性化。女性の婦人科系病気の増加、ガン化。
免疫系の障害、肝臓はもちろん、他の内臓にも負担が著しい。ガンに限らず。

結局悪循環なんだよな。薬を使う→菌が抗体を持つって感じで
しかし今となっては放射性物質の方が怖いわ
放射性物質何㎎配合!とか書いて欲しい

食品のこういった現状で、細胞は元気なくなる。
っつーか、酸化して、常時炎症起こしていて、病気や未病の状態である。アレルギーも起こりやすいし。
そこに被曝した物を食べて飲んで、空気吸って肌に触れて。で不安だからストレスも過多になる。
そこに中国から、風が来る~~。 もう、自分の身(細胞)は自分で守るしか無いぞ。
そう。 アレルギーの原因は食肉の残留薬物って言ってる学者さんもいるよね。
抵抗力は確実に下がる。


中国とかやばいって言ってたけどそこらへんkwsk
中国は家畜の飼育において衛生面が甘いから薬品使いまくってる。
そんなんを加工して日本に出荷しとる。


アメリカ産とカナダ産って安心?
日本国内とほぼ同じ安全基準だよ。
残留薬物とかに関しては、それが安全かどうかは…


真実
・配合飼料の原料はほぼ100%遺伝子組み換え作物
・通常豚肉になる豚の寿命は120日前後、うち無薬の餌喰うのは60日以下

TPP加盟でより儲け主義にはしったら食える肉なくなるな
正解。国内の比較的安全な畜産農家は全滅の恐れあり

農家だけどTPP薦めてる奴らはくたばればいいと思ってます
賛同します。くたばれ経団連

じゃあひとつ。
焼き鳥屋の地鶏(ブランド表記無し)は、ほぼ全て採卵鶏の廃鶏。

それって値段がぼったくり以外なにか問題あんの?
薬漬けだよ…。

むしろ加工食品で大丈夫なものはないのか?
大丈夫なところもあるよ。ただスーパーで投げ売りの奴は…

もひとつ
某県産の豚を他県へ売却、肥育。レッテルはがし横行

カッコ良く言えば産地ロンダリングやな!
実はブランド牛って大概そうなんだけどね

ブランド牛の取り寄せにハマってんだけど、
飛騨牛とか伊万里牛とかもヤバいの?
ヤバイよ☆検査基準はクリアしてるけどね。

放射能的にはどう?
牛肉買う時に、個体識別番号ってのがあるでしょ?
それを見れば、ヤバイ地域から来たかどうかはわかる。

スーパーいったら何のお肉買ってるのかな?
もうマックのハンバーガーも食えないんじゃないの?
俺はグリーンコープってとこの肉と、信用できる取引先の肉しか食わない。
ファーストフードはここ5-6年行ってない


静岡にグリーンコープが無いんだけど普通のコープでもいいの?
普通のコープも国産なら、ジャ○コとかよりマシだZ

生協で買えばそれなりにマシなん? ちばコープとってるけど大丈夫かな
コープは頑張ってるほうだよ。グリーンコープは異常。

一般人はコープ以外の選択肢はなし?
他にもある。たとえばUSDA認定の食肉。オーガニックなら安全性高い。

暴露本や食肉業界の危険性がわかる本はないの?
本じゃ無いけど、フードインクって映画はいいぞ

ひき肉ってどうなの? 合挽きでも平気?
スーパーのヤツは売れ残りの肉挽いてる。
肉自身の安全性は他の精肉と同じ。賞味期限がネック

ちょっとビビったけど日本の平均寿命を見たら
別に気にすることじゃないなと思いました
日本人が工業的な食肉食い出してまだ50年しかたっていない。
今の老人は殆ど食べてないんじゃ無いか?

今ここで答えてることって守秘義務とかあるの?
無し。
たまーにメディアでも取り上げられるレベルじゃ無いかな?
肉業界では常識レベルの事しか書いてない


その割りのは世間で知られてないことばかりだね。結構怖いことなのにねえ
結構知らないよね。 食べるものについてはもっと教えていいと思うんだ

吉野家とかってどうなんだよ
オール輸入肉
日本国内と同じ基準らしいですよ。その基準が安全なのかわからんが

要するに安全な食べ物なんてものはほとんどないってことですね
正直、金さえ出せばなんでも手に入る。
そう、安全な肉もね。

健康被害に気をつけるのはいい事だと思うけど、過剰に気にするのもどうかと。
無菌で無害な物ばっかり食べてると軟弱になりそう。
逆。 今の普通の食生活では薬を喰ってるのと変らん。

ダイエーのいきいき鶏は評価すると何点?
薬って抗生物質のこと?
75点
抗生物質のみならず、合成抗菌剤も使用していない宣言は高評価。
USDAの評価があれば満点。

てこういうのHPでチェックでわかるのか!
合成抗菌剤と抗生物質を観ればいいということか
食の安全の時代だからね。
生産者晒してあれば大体わかるんだが…ダイエーは準備中だったね。

養殖魚は?
薬漬けだよ。でも、天然魚は天然魚でどこでなに食ってるかわからないぞ

新興国で良い質の畜産やってる国どっかない?
新興国では無いがデンマークかな。

一人暮らし始めてから金なくて肉魚食えてないんだが、そしたらアトピー治った
実家じゃソーセージとハムが好きでモリモリ食ってたんだよ…もう食えないのか
すげー実例だな。あり得るカモ

焼き肉も嘘ばっかりなんでしょ?
あれは通例で嘘が蔓延してた。焼肉を名物としている国は…後はわかるな

僕もお肉屋で働いたことあるけど、陳列してあるやつに汁出てきたら
パック剥がしてペーパーで拭いてまたパックして陳列するよ!
で色悪くなってきたら塩だれやら焼肉だれにからませて、味付けの商品としてならべるんだよ
そんなもんだよね。大きい工場ですらそうだもの。

お肉って本当危ないよね
ブラジル産のモモ肉見たときはさすがにこれ食えんのかっておもった
危ないってか、みんな知らなすぎる。それが危険だ。

ビーフジャーキー好きなんだがヤバいのか?
加工品は危ないぞー。自分で作るとうまいよ!!

外食チェーンの「○○産」は当てにならんわけだな。
ならん。○○産使用→耳かきいっぱい程度入れる。と意訳しよう。

買ってはいけない肉の種類を箇条書きでまとめてくれ
それ難しいというか無理です。
いろんな生産者の肉が色んな流通経路、加工経路を経て、店頭に並ぶので…
一概に言えない。
ただひとつ言えるのは、オーガニック表記のない、加工食品はやめたほうがいいって事です。

せめてもう少し具体的か無理ならわかりやすくおながいします
抗菌剤、抗生物質不使用の食肉をチョイスしましょう。
加工食品は添加物も多い上、原料の肉の出処がわかりにくい、わからないので避けたほうがいいですよ。

グリーンコープって全然店舗ないじゃん北海道はどうしろと?
生産者情報や投薬情報を掲載しているHP探して肉買うしかないよ。
あとはUSDAの認可食肉なら大丈夫です

アル◯バイエルンソーセージは大丈夫なの?今ガツガツ食ってるけど。
あとファミレスのハンバーグ大好きなんだけど。
中身殆ど水と油と増粘剤

食肉加工にいた俺が申し上げよう。
四国の某県の工場だが、一日11トンの食肉を入れて、その肉から出来たハム・ソーセージが18トン。

コンソメとかもだめか?
加水分解ってアルコールや重曹クエン酸程度使うなら余裕だけど、使われる薬品てやっぱやばい種類?
薬品自体やばくはないと思うけど、原料がもはや食い物とは言えない代物。

鶏ガラのブイヨンとかだしはどうなんだろうね
ブイヨンは鶏ガラ加水分解して作ってるっぽい。
死体を薬で溶かすイメージな。食える?

乳製品とかは…??
乳製品は比較的安全な希ガス。輸入品は専門外だすま○こ

スレ見る限り
・少量なら問題ない
・グリーンコーポ最強伝説
・外国産ならカナダアメリカは一応安全規準あり
・加工品はやめとけ
・産地は確認できるからしとけ
・外食は基本よくない って感じかな。
大体そんなトコ。
あと、生産者情報やブランド情報をネットやなんかできっちり調べて買う。

食って大事だからな。不安にもなるさ
学校とかできっちり教えるべきだと思うんだ。知らなすぎる。

こんなこと気にしてたら何も食えなくなる
確かに気にしだしたら何も食えない。
でも知らないのはもっと大きな問題じゃ無いか?
知らないで喰ってるのと、知ってて喰ってるは大きな違いだと思う。
スポンサーサイト

あると思います

「狂牛病」の真相…「真因」はミネラル異常だった!
http://www.creative.co.jp/m/miracle/main.cgi?m=41
より抜粋・要約

●狂牛病の「病原体」は?
「狂牛病(ウシ海綿状脳症)」が初めて記録されたのは、いまから20年前('84年)のこと
翌'85年からイギリスは「狂牛病の悪夢」にうなされ、そして'00年秋にはヨーローッパ全土を「狂牛病大パニック」が襲った
日本で初めて狂牛病が発症したのは'01年9月。一時は全国で「狂牛病狂騒曲」が吹き荒れたものの、やがて沈静化していった
ところが最近アメリカで狂牛病が発生するや、再びこの問題に注目が集まっている
これだけ世を騒がせ、人騒がせな狂牛病でありながら、いまだになぜか「原因」も「感染ルート」も未確定のままなのだ

'78年に羊の海綿状脳症=スクレイピーの研究者が奇妙なタンパク質の塊を発見
狂牛病の「最有力犯人候補」とも言うべきこの病原体は、驚くべきことにそれには遺伝子がない
煮ても焼いても凍らせても死なない、不死身の物質だった
そこに登場したのがスタンリー・プルシナー博士(米UCLA)。彼はこの奇妙なタンパク質の塊を「プリオン」と命名
そして「スクレイピーはウィルスでなく、プリオンが病原体となって伝染する」と主張した。'82年のことだ
以後、狂牛病の原因は「プリオン原因説」にとほぼ傾いた
ところがその後の研究の結果、健康な動物は本来「正常なプリオン」を作っていて、
それが何かのきっかけで「異常なプリオン」に変質することが分かった
つまり生き物は最初からプリオンを持っていることが判明したわけで、決してプリオン自体が病気を引き起こすわけではない
問題は、「プリオンがなぜ変質し、異常化するのか」ということであって、そのことが改めて問われだしたのだ
人間を含めた健康な生き物の体の中に最初からプリオンが存在している以上は、
プリオンが「感染」し、どんどん「自己増殖」していくという言い方はもはや通用しない
というのも、プリオンは「自己増殖」するわけではなく、しかもプリオンが生物でない以上、「感染」するわけでもないからである

にもかかわらず、いまだに狂牛病には、ある特定の「病原体」による「感染」といったイメージがまとわりつき、
そしてその「感染ルート」として、肉骨粉等々が追いかけられ続けている
しかし、この「犯人探し」はいまだに成果を上げることもなく、結局狂牛病の真の原因はうやむやのままだ
そして狂牛病発生のニュースが流れるたび、ただ訳の分からない不安とパニックだけが湧き起こっている
狂牛病がこれくらい恐れられている理由は、それが人間にも「感染」すると考えられているからだろう
つまり、「狂牛病に罹った牛の肉を人間が食べると、新変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に罹る」と…

●ミネラル異常が「狂牛病」の原因
「ミネラル異常がスクレイピーや狂牛病、新異変型クロイツフェルト・ヤコブ病などの海綿状脳症を引き起こす重要な役割を果たしている」
このことに最初に着目したのは、イギリスの農学者マーク・パーディだ
有機牧場を経営していた彼は、近隣の牧場の牛が次々と狂牛病で倒れているというのに、自分のところではいっこうに発病の兆候が現れない
パーディが自分の牧場と隣の牧場との違いについて調査してみたところ、決定的に違っていたのは「殺虫剤の使用状況」だった
イギリスではウシバエ防除のために「フォスメット」のような殺虫剤の大量散布を牧場主に義務づけていたのだが、
その結果、殺虫剤によるマンガン過剰と、牛の体内の微量ミネラル欠乏が異常なくらいに進んでいたのだった
パーディは、殺虫剤の大量散布を拒んでいた
パーディたちはその後、調査対象地域を広げ、スクレイピーやクロイツフェルト・ヤコブ病など海綿状脳症が多発している地域の調査を次々と開始
海綿状脳症が多発している米国コロラド州・アイスランド・スロヴァキア等では、
マンガン過剰と、銅、セレニウム、鉄、亜鉛など微量ミネラルが極端に欠乏していることが、歴然と判明したのである
その経緯と調査結果に関しては、『狂牛病~プリオン病因説は間違っている』(工学社刊・佐藤雅彦訳)に詳しく述べられている

これらの調査結果を踏まえ、パーディは'96年に新しい仮説を発表した
「スクレイピーや狂牛病、クロイツフェルト・ヤコブ病などの伝染性海綿状脳症の発症は、
プリオンよりも上位の生化学的段階で遺伝子の関与があると考えられる
つまり、ミネラル異常という環境要因こそが根本的な原因になっている」と…
最初はほとんど無視されたものの、やがてこの仮説を高く評価する学者たちが現れ、
かつこれを裏付ける新事実がいくつも登場してきた
となれば、「狂牛病=異常ミネラル原因説」が急浮上して当然というのに、決してそうはならなかった
それどころか、彼がこの仮説を世に出したとたん、相次いで彼の周辺に「不幸」が起こり始めた
パーディの仮説を評価し擁護してくれていた獣医と弁護士が不審な交通事故で死亡、次ぎに雇った弁護士も衝突事故に遭った
また、彼の記事が英国の新聞「インディペント」に掲載された直後、自宅の電話線が切断され、
他の新聞社やテレビ局からの取材申し込みに全く対応できなくなってしまった

このほか、自宅に放火され全焼してしまったり、学術文献等を保管していた大事な書庫も焼かれ、
さらにパーディが講演に出向くとき、絶えず不審者の追跡を受け続けている
パーディは日本の有志からも招待され各地で講演会がもたれたが、狂牛病が大きな問題になっていながらも
パーディの講演を報道するマスメディアはほとんどなかった
「狂牛病」は「プリオン説」のまま推移したほうが都合が良かったからであろう

●封印され続ける新事実
「狂牛病はマンガン過剰と、銅、セレニウム、鉄、亜鉛の不足から発症する」と、
数々の研究や調査が立証しつつあるのに、なぜかこの重大事実は封印されている
考えうることは、原因を不明のままにしておけば誰のせいにもできないからだ
しかしもし、ミネラル異常が「真因」であることがはっきりしたら、そうした環境を生み出した企業や政策そのものが問題視される
まず責任を問われるのは、農薬(殺虫剤・殺菌剤・除草剤)では世界一の多国籍企業シンゲンタ社であり、
その殺虫剤の大量散布を法律で義務づけた政府であろう
そしてこれは、決してイギリスだけの問題ではない。先進国のほとんどが、農薬の大量散布を推進しているからだ
しかもさらに重大な問題は、その結果「狂牛病」以外にも似たような奇病が次々と生み出されていることだ
その意味で、「アメリカでも狂牛病が!」と驚くのはおかしな話で、アメリカには狂牛病の親戚?ともいうべき
アルツハイマー患者が、何と400万人もいるのである

ケンブリッジ大学で化学を研究しているディヴィッド・ブラウン博士は、
脳細胞のタンパク質に含まれている銅がマンガンに置き換わり、その結果、正常なタンパク質がプリオンに変化することを立証した
パーディは発病のメカニズムに関して、「銅が欠乏してマンガンが過剰だと、牛がまだ胎児のときに、
中枢神経のタンパク質が狂牛病や新型クロイツフェルト・ヤコブ病の病変部のような
異常タンパク質(すなわちプリオン)に変質する」と言っていたのだが、このことをブラウン博士が、見事に立証した
もしイギリス政府が本当に狂牛病の解決を願っていたとしたら、これはすごい研究成果だった
ところがブラウン博士は、この発表直後に研究資金を打ち切られ、研究は中止に追い込まれている

こうして、パーディの仮説はあえて抑え込まれ続けている
またイギリスのランカシャー保険局のジョージ・ヴェンター氏も『英国医学雑誌』で、
「狂牛病の牛の肉を食べると新型クロイツフェルト・ヤコブ病になる」ことを批判・否定する論文を発表している
しかし、いまだにバカげた「吉野屋の牛丼騒動」が起こっているのだ
パーディの仮説によれば、狂牛病が人間に「感染」するのではなく、牛も鹿も羊も人間も、マンガン過剰の環境と、
銅などの微量ミネラルが体内に欠乏するときに、海綿状脳症になってしまうと指摘しているのにだ

●残された道は「自己防衛」
いま私たちの生きる環境は、殺虫剤、除草剤、殺菌剤、化学肥料によるマンガン過剰と、
その土地で作られる食べ物の極端なミネラル欠乏に脅かされている
こうした状況が放置され続ける限り、得たいのしれない奇病難病がますます大きく広がっていくにちがいない
となると、もはや「自己防衛」しか選択肢は残されていない
つまり、過剰なマンガンは、免疫力を高めることによって排泄すればいいし、
人体の健康に不可欠な微量ミネラルは、食べ物以外から摂取することだ
もしも「狂牛病」に「プリオン」という役者が登場してこなかったら、これほどの大騒ぎにはならなかったことだろう
しかしその代わり、農薬依存の農業や、殺虫剤、殺菌剤、化学物質漬けの暮らしが問題視され、別のパニックが起こったかもしれない
狂牛病問題が、いま私たちに突きつけているのは、微量ミネラルが極端に欠乏した結果の怖さだ
異常プリオンは、環境と体内のミネラル異常の成れの果てだから恐れるに足らず
私たちがいま恐れるべきは、微量ミネラルの異常な欠乏という事実なのだ。

悲しき納豆

まあ、好物であるし、健康にも良いようなので納豆をよく食べる

スーパーなどにいくと、様々な種類の納豆を売っている。大手メーカー品になると、特売日には「3パック88円」で売っているが、オレの好きなのは昔ながらの藁つとに入った物などで200円以上はする
この価格差はどいう事なのかと考えると、大量生産によるスケールメリットや物流費もあるし、包装代も違うだろう。
しかし、やはり原材料の大豆が違うのではないかと思う

高い納豆はほとんどが国産大豆、それも有機を謳っている。逆に大手の安い納豆は原材料の表記を見ると、ほとんどこんな感じだ…
大豆(アメリカ、カナダ。遺伝子組み替えではない)、あるいは(中国。遺伝子組み替えではない)
これを鵜呑みにしてはいけない。日本では「遺伝子組み替えではない」と言いながらも、使用量の5%までは遺伝子を組み替えたGM(=genetically modified organism)大豆を使用しても良い事になっている
ましてや「遺伝子組み替えではない」といいながら、実はGM大豆を掴まされている可能性も十分にある
輸出元の北米でも輸入元の日本でも、企業や役所は信用できない。なにしろ、その根本から悪意に満ちている

GM種子を製造している企業モンサントや、作物を販売するカーギルは、それを食べた人間がどうなるかなんて事はこれっぽっちも考えていないだろう
彼らは利益追求のため、恫喝や訴訟によって農家を脅迫しながらGM種子を売りつけている企業だ
その、訴訟というのは、信念を持ってGM種子を買わない農家の畑に、隠れてGM作物を植え付けて「ウチの種を勝手に使った」と因縁をつけて、とんでもない賠償額を請求するというものだ

なにしろ、農薬とGM種子は要するにセット販売だし、発芽は一世代限りだから多くの農家に導入させれば、笑いの止まらないビジネスである
GM作物は1996年にアメリカで大豆の栽培が始められて以降着々と普及し、2004年の時点で、アメリカで生産される大豆の85%、菜種の85%、綿の75%、トウモロコシの50%を占めている
そこで、とりわけ圧倒的な市場シェアを持つのが大豆・菜種・綿の90%以上を独占するモンサントだ。あの「枯れ葉剤」を作った化学企業である

GM作物は農薬への耐性だけではなく、害虫に対する毒性を持っている場合もある。それは古くから殺虫剤として使われてきた微生物農薬のその毒素遺伝子を作物に組み込んだからだ
結局はそれが、狙いとした虫以外の生物にも毒性を発揮するし、畑の土壌にまでその毒性が伝播するらしい。益虫とも言える蝶や蜂まで殺すというし、ここ近年、蜜蜂が大量に消滅している理由もGM作物だという説もある。
ちなみに、そういうトウモロコシは「作物」ではなく「殺虫剤」に分類されている。それが飼料としてなのか、食品原料としてなのか、日本にも確実に入ってきているわけだ

もう10年以上も前の話になるが、とある地方の豆腐メーカーに行った
そこの社長は食べ物作りに熱心な方で、原料の水や豆に拘りを持っていた。安全で美味しい大豆をどう確保するかという試行の中で、アメリカでGM大豆の種子を手に入れ、隠して日本に持ち帰り発芽させた

内緒でその生育具合を見せてもらうと、GM大豆は葉っぱがグチュグチュと縮れており、比較のために隣に置いてあった正常な大豆と比べると、どう見ても「奇形」にしか見えない異様な姿だった
そして、正常な大豆は農薬をかけると枯れるが、GM大豆は当然だが枯れない

素人目に見ても、そんなものを食べてただですむはずがないと思った
スーパーの納豆売り場にいくと、いつもその事を思い出す


(興味がある方は必見)
http://satehate.exblog.jp/7123833/
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/gmo/news/05052602.htm

おフレンチ

※これは、昨年のネタなんですが
訳あってここのブログに引っ越してきたので、過去の記事を移転させています

いわゆる忘年会と言えばいいんですかね
毎年、この時期になると仲間とやるんですよ。ふざけたワインばかり集めた飲み会なんですけどね

初めの頃はボージョレーの時期に合わせて5大シャトーだとかDRCだとか、シュバルブランだとか
6本くらい集めて、もう飲めません、ごめんなさい状態。ボージョレー・ビラージュなんか樽買いしたのは
いいけど、誰も見向きもしないって罰当たりの集まりですよ
最近では、どこそこのセカンドとか、何年の××、DRCの畑と道一本へだてた向かい側の畑とか、
カルトに走ってて、うまいのか不味いのかよくわからない。まあ、俗物の集まりですね。男3人、女5人くらいで

で、場所はいつも同じ店。107年続いているフレンチの老舗。今のシェフは4代目で、フランスの国家資格も持っている
たまたまね、メンバーの一人が親戚だったからできるわけで、そうじゃなかったら、
あたしら下々のクルクルパーなんかお呼びじゃない。なんてったって宮様もご愛用でしたから

お味はエスコフィエ以来の古典派です
例えばメインの「鶏のロースト」は、鶏を丸ごと使って中には牛肉やパン粉の詰め物が入り
ソースはフォン・ド・ボーと鶏ガラ。めちゃくちゃ濃厚です
デザートは、タターン姉妹の失敗で生まれたと言われるデザート=タルト・タターン
古典的にフライパンとオーブンで焼き上げてます

だいたい、最近のフレンチ(イタリアンもそうですが)には和食だか中華だか分からないようなのが多くて
辟易してます。もちろん、これは好みの問題ですから、悪いとは言いません
美味しければ、それはそれでいいんでしょう

でもねぇ、フレンチ懐石みたいなの食わされてもねぇ、オレはあまり感動できないんですよ
そりゃお洒落な盛りつけでカワイイのをちょっとずつ、なんて女性は喜ぶでしょうよ
事実、そういう方向性が人気ですしね

過去に、銀座のCビルにあるBなんかオープニングで行ったけど、何がイイのか分かりませんでした
御大デュカスの登場でみなさん感動してらっしゃいましたけど。味は「ああそうですか」って感じ
やっぱり、おフレンチはボリュームとソースが命。牛やら鶏やら魚介のお出汁で
クリームば~ん、バターど~んで、ワインぐびぐび~みたいな。基本が出来てないと、こうはならない
場所や名前に金払ってるんじゃないんだからさぁ

だいたい、料理を運んできたところで「このお料理には生トリュフをスライスするのがオススメです
ええ、プラス2,500円でございます」とかやってる南麻布のA
「いりません」って言ったら、「え。みなさま喜ばれますが」とか困った顔するわけですね
もう愚の骨頂。薄っぺらいんですよくだらない演出ですね。そんなもの見て喜ぶのは田舎者だけですよ
本当に美味しいなら、最初からその値段で黙ってかけりゃいい。お杓文字一杯程度のリゾット2,500円に
ありがたい2,500円のキノコをかけて5,000円で正々堂々と売ればいい

食べることはファッションじゃないんですよ。食べることは生きるための勝負ですから、その本質は忘れたくない
どれだけおいしく、どれだけいっぱい、お客に食わせるか。これが食い物屋の本来じゃないんですかね

そう考えれば男女の食事だって生存競争の入口ですよ
ふたりでガツガツ食べて、バンバン×××して、子孫を増やせってな話で本能的にDNAがザワザワするわけでしょ
だから男女の食事はエロだし、良いお相手だったら、そりゃぁもう盛り上がるわけじゃないですか
そんな時につみれ団子みたいに小さくふにゃけた肉や、なんだか気取った魚の切れっぱしを出されても
エネルギー充填できませんよ。外人さんだったら怒りますよ

しかも食べることは健康の基本ですよ。体が動かなければ、頭が回らなければ、人間は話にならない
なんて、恐れ多くもシェフの前で、酔っぱらいがくだ巻いてたわけですが
当然ながら、シェフこそ料理や食材に対するこだわりは半端じゃないわけですよ。色々と教えてくださる

そこで、いや~な現実を再認識しちゃったんですね



まあ、出汁をとるにしたって、良い食材がいいわけですよ。そんな話になったんですね
例えば、同じ鶏でも放し飼いの健やかな鶏の骨は10時間煮込んでも崩れないけど
ブロイラーの骨はすぐボロボロになる

この間、曲がったキュウリが手に入ったけど、美味しかった
真直ぐの安いキュウリは水っぽいだけで、しかもすぐ痛む
真夏の陽射しの下、熟してパックリ割れたトマトの香りが懐かしい
今のトマトは絶対そんな風にならないし、むせるような香りもない

「こんな世の中ですから、食材の仕入れにもすごく気を遣うし(その値段が料理の値段に反映されてしまうけど)
ふだん自分たちの食べるものだって、手間をかけて選んでいる」と、シェフはおっしゃいます

レタスは傷むと、端々が茶色く変色してくるものですが、コンビニのサラダに入ったレタスは
1週間たっても色変わりしない。なぜなら薬品で洗って処理しているからですね
マクドナルドのフライドポテトは1ヶ月放置しても、見た目がまったく変化しないことで有名です
カビも生えない。コンビニのおにぎりも同様。あれ、腐らないんですよ

そんな物を果たして食べ物と呼んでいいのか?と、言ったら
シェフが「店で出しているパンは3日もすればカビてきますが、このあいだスーパーで買ったパンは
1週間してもそのままだったので、恐ろしくなった」とおっしゃる
人間よりも逞しい菌類が生きてゆけない物ですよ。そんな物を食べていたらどーなっちゃうの?って話

コンビニやファストフードの食べ物なんてめちゃくちゃですよ
オレはヘタに長生きしたいとも思いませんが、訳の分からない病気になって苦しみながら
フェイドアウトするのはイヤです。だから、絶対コンビニもファストフードも食べません

とにかく連中の恐れることは、ただひとつ。企業とブランドに傷がつくことですよ。つまり「食品事故」ですね
食中毒とか感染症とか。それを防ぐにはどうすれば良いか?
絶対に細菌が繁殖できないよう、薬品じゃぶじゃぶ使うわけですよ

だから、消費期限改竄なんて、おままごとみたいなもんですよ
実際のところ、それで健康被害にあったは人いないでしょ? いませんよね。いるわけない
だって、もともと腐らないように作っているんだもの
そんな物を食べさせられるほうが、よっぽど健康被害でしょ?って、いうか生命存続の危機ですよ。ゆるやかな殺人ではないかと

いっその事、意味がないから消費期限なんてやめちゃえばいいのに、何でやめないんでしょうか
もしかしたら、きちんと腐るようなまともな食べ物だと思わせたいんでしょうかね
それとも、次から次へと消費させるためのロジックなんですかね

それでシェフはおっしゃる。「まず、デパ地下をつぶさなきゃ、まともな食生活はあり得ない」

同じですよ。企業防衛。ブランドイメージの堅持のために彼らもまた食品事故を異様に恐れている
それどころか、その意識はコンビニやファストフード以上でしょう
色とりどりの食材やお総菜が並んだ、デパ地下のディスプレイ。きれいですね~
お客様に見えないところで、スプレーしゅっしゅやってますよ。中身は秘密です。怖くて誰にも言えません

知られざるバイオ・ハザードですね


プロフィール

花畑きゅうり

Author:花畑きゅうり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。